NANTO Wiki

南砺市に存在している数多くの文化芸術資源に関する情報の一元化がこのページの目的です。 旧8町村の町史・村史等から文化芸術に関する情報をピックアップし、このページに集約しています。こちらのページは、市民の皆様の文化的知識を集約し、反映することも目的としているため、皆様から情報収集を行いながら少しずつ作り上げていくコンテンツです。

Nanto City is working to create a unified collection of information about the many cultural and artistic resources the city possesses. This section of the website will serve as a place to collect and feature information about the culture and art of the eight former towns and villages that now make up Nanto City. Content will gradually be added over time, as we collect more and more cultural knowledge from the people of Nanto City.

本页的目的在于实现南砺市众多文化艺术资源相关信息的一元化。本页汇集了原8个町村的町史、村史以及文化艺术相关的信息。本页以汇集、反映市民大众的文化知识为目的,因此内容是一边向大家征集信息一边逐步制作的。

本頁的宗旨為統整南礪市裡數量眾多的文化藝術資產相關資訊。我們從舊八町村的町史及村史中揀選出與文化藝術相關的資訊,並彙整於本頁。本頁的另一目標為集結、反映市民的文化知識,故內容將因各位提供的資訊而逐漸完善。

  • 繁体
  • 簡体
  • EN
  • 日本語

文化・世界遺産課にて随時更新作業を行うことに加えて、当ページの「編集フォーム」より、閲覧者の方どなたでも自由に書込・編集していただけます。
未掲載の記事を新規作成する場合は、「投稿フォーム」より書込をお願いいたします。
既存の記事の内容に修正・追加がある場合は、該当記事下部の「修正フォーム」よりご連絡をお願いいたします。
なお、編集されたものは一度管理者の方で確認しますので、反映にはある程度時間を要します。

※本ページは、JSPS科研費JP16K14997の助成を受けた成果物に基づき作成しております。

  • 五ヶ山両組草高面附百姓数品々帳

    利賀文化財

    昭和61年11月1日、利賀村文化財(古文書)に指定。天保10年(1839)から明治4年(1871)までの五ヶ山全地域の百姓の持高の移動を克明に記した、藩政末期の経済変動を探る貴重な資料。「天保十...

  • 大豆谷八幡宮の僧形八幡神像

    利賀文化財

    昭和47年10月5日、県指定有形文化財(彫刻)に指定。大豆谷八幡宮の御神体として安置される。高さ39センチメートル、幅29センチメートル、奥行き26センチメートル、檜材の一木造り、彫眼の技法を使...

  • 坂上の大杉

    利賀文化財

    昭和42年9月26日、県指定記念物(天然記念物)に指定。坂上八幡宮の境内、社殿に向かってひときわ高くそびえている。樹齢700年と推定。根回り11メートル、目通り8.4メートル、樹高4...

  • 絹本著色阿弥陀如来来迎図

    利賀文化財

    昭和61年11月1日、利賀村有形文化財(絵画)に指定。室町時代の作と推定され、県下でも稀な古い絵画。目の粗い絹本地に阿弥陀如来来迎図が極彩色で描かれ、右上に浄土宗の開祖法然の筆と伝えられる六字の...

  • 脇谷の栃の木

    利賀文化財

    大正15年10月20日、国指定記念物(天然記念物)指定。トチの代表的巨樹。トチの実は古くから食用にされ、人との関わり合いが深かった。したがって、トチの木も大切に扱われたのであるが、集...

  • 十日講

    上平利賀信仰

    経典の講究する集会を講会と称し、転じて寺院で修する法会をさし、さらに宗教的集団組織を意味するようになり、その集会を講、御講という。五箇山十日講はその名称より、十日を集会日とした五箇山全域の講であ...

  • 坂上のカツラ

    利賀文化財

    平成4年8月1日、利賀村天然記念物に指定。利賀村内に現存するカツラの木の中で最も古く最も大きいもの。樹齢推定600年。

  • 阿別当神明宮の石抱きケヤキ

    利賀文化財

    平成4年8月1日、利賀村天然記念物に指定。利賀村内に現存するケヤキの木の中で最も古く最も大きいものとされる。社殿西側の岩盤上に一本、その北側に根の一部を共にする二本のケヤキが所在。樹齢は不詳。<...

  • 大豆谷八幡宮の小神像・隋身像及び狛犬

    利賀文化財

    平成4年8月1日、利賀村有形文化財(彫刻)に指定。小神像7躯はいずれも高さ20センチメートル前後、ヒノキ材の一木造坐像。狛犬一対は、室町時代の特徴をもつ木像。随身像一対も製作年代不詳ながら、村内...

  • 南大豆谷村土地文書

    利賀文化財

    昭和61年11月1日、利賀村文化財(古文書)に指定。文政元年(1818)の基盤割史料と明治の地券関係資料がほとんど散逸せずに保存されており、基盤割及びこの結果得た土地が明治の地券制度に引き継がれ...

この記事は市民の方からいただいた情報を元に掲載しています。
万が一、記事に間違いなどがございましたら該当記事下部の「修正フォーム」よりご連絡ください。
また、掲載されていない情報の投稿もお待ちしております。
南砺市民全員でこのNANTO Wiki を盛り上げていきましょう!

ページトップ