文化芸術獅子舞

野下獅子舞

概要

集落・町会野下
祭礼日・祭礼名5月4、5日(春季祭礼[城端曳山祭])
祭礼場所城端神明宮
保存団体野下町獅子方若連中「明和会」
構成大人:男性 子ども:男性

特徴

獅子舞の形態百足獅子(カヤの中2列)
獅子頭の種類雄獅子
カヤ内人数7人
竹などの輪
獅子取の種類獅子取り(子ども2人)、天狗獅子取り(大人1人)
採り物の種類短棒

演目

楽器笛・太鼓・その他(鐘)
演目名・内容よっさき、げんばやし、きようぶり、ひちごさん、天狗

伝承・歴史など

昭和38年に城端・若杉集落より習った。祭礼日は平成18年から5月4、5日に変わったが、それ以前は5月14、15日に実施していた。近年は大人の数が不足しているので、子ども(女子)が笛の練習をしている。

地図

SNSでシェアする

獅子舞 一覧
ページトップ