文化芸術文化財

吉江地区招魂社(旧吉江小学校奉安殿)

吉江地区招魂社(旧吉江小学校奉安殿)の画像
サムネイル
サムネイル1
サムネイル3

概要

名称吉江地区招魂社(旧吉江小学校奉安殿)
よしえちくしょうこんしゃ(きゅうよしえしょうがっこうほうあんでん)
員数1棟
地域城端、福光
指定国登録文化財
種類有形文化財
建造物
所在地南砺市荒木5382-1
指定年月日令和元年9月10日

解説

公園の一角に北面して建つ。切妻造り妻入りの正面にエンタシス付きの柱を立て、アーキトレーブとコーニスをまわす。西洋古典様式基調の上質かつ重厚なつくりで、戦前の奉安殿の好例を示す。

吉江地区招魂社は、昭和5年(1929年)に吉江尋常小学校の奉安殿として建築された。その後昭和21年(1946年)頃に取り壊されたが、自治振興会・地元住民・遺族会の浄財、労力奉仕により昭和32年(1957年)現在の地に、吉江地区招魂社として再建された。

地図

SNSでシェアする

文化財 一覧
ページトップ