NANTO Wiki

南砺市に存在している数多くの文化芸術資源に関する情報の一元化がこのページの目的です。 旧8町村の町史・村史等から文化芸術に関する情報をピックアップし、このページに集約しています。こちらのページは、市民の皆様の文化的知識を集約し、反映することも目的としているため、皆様から情報収集を行いながら少しずつ作り上げていくコンテンツです。

Nanto City is working to create a unified collection of information about the many cultural and artistic resources the city possesses. This section of the website will serve as a place to collect and feature information about the culture and art of the eight former towns and villages that now make up Nanto City. Content will gradually be added over time, as we collect more and more cultural knowledge from the people of Nanto City.

本页的目的在于实现南砺市众多文化艺术资源相关信息的一元化。本页汇集了原8个町村的町史、村史以及文化艺术相关的信息。本页以汇集、反映市民大众的文化知识为目的,因此内容是一边向大家征集信息一边逐步制作的。

本頁的宗旨為統整南礪市裡數量眾多的文化藝術資產相關資訊。我們從舊八町村的町史及村史中揀選出與文化藝術相關的資訊,並彙整於本頁。本頁的另一目標為集結、反映市民的文化知識,故內容將因各位提供的資訊而逐漸完善。

  • 繁体
  • 簡体
  • EN
  • 日本語

文化・世界遺産課にて随時更新作業を行うことに加えて、当ページの「編集フォーム」より、閲覧者の方どなたでも自由に書込・編集していただけます。
未掲載の記事を新規作成する場合は、「投稿フォーム」より書込をお願いいたします。
既存の記事の内容に修正・追加がある場合は、該当記事下部の「修正フォーム」よりご連絡をお願いいたします。
なお、編集されたものは一度管理者の方で確認しますので、反映にはある程度時間を要します。

※本ページは、JSPS科研費JP16K14997の助成を受けた成果物に基づき作成しております。

  • 荒木和助

    城端人物歴史絵画彫刻工芸

    初代和助(1734~1806)は城端焼を創始し、殿村屋和助、唐津屋和助とも称された。曳山の人形作者、城端における江戸期の代表的な画家としても知られる。和助は紺屋を本業とする家に生まれたが、「唐津...

  • 鯉雨画斎

    福光史跡絵画版画

    福光に滞在した世界的版画家・棟方志功が過ごしたアトリエ。昭和21年から昭和26年までの5年間、家族とともに生活した。
    後に福光公園の一角に移築され、一般に公開されるようになった。現在...

  • 石崎光瑤

    福光人物絵画

    日本画家。明治17年(1884)、福光にて生まれる。
    11歳のとき金沢の光琳派の師についたが、19歳のときに竹内栖鳳に師事し、京都を拠点に制作活動を続けた。光瑤は、光琳風の華麗な装飾...

  • 下村為山

    福光人物絵画

    明治・大正・昭和三代にわたって活躍した画家である。青年期は小山正太郎の不同舎画塾で洋画を学び、中村不折とともにその才能を並び称せられた。昭和二十年五月、北山田村梅原(福光地域)の知人宅へと疎開し...

  • 山田麗斉

    福光人物絵画

    画人。福光宇佐八幡宮拝殿「神馬図」の奉額の筆者。文久三年(1863)、紺屋与右衛門が奉納した。

  • 菊池素空

    福光人物絵画工芸

    画人。本名を左馬太郎といい狩野芳崖の門下である。竹内栖鳳とも同門であった。浅井忠の後を継いで京都国立陶器試験場長になり、京都の陶磁器業の発達に貢献した人である。当時の福光の人達はことごとく素空の...

  • 川合春蝶

    福光人物絵画

    画人。川合宗兵衛。文化十三年(1816)生まれ。若くして江戸に出て浮世絵師葛飾北斎の門に入った。江戸の北斎門で技を磨いた春蝶は、師北斎の没した後、郷里福光に帰って郷土文化に新風を吹き込んだ。木彫...

  • 岸駒

    福光人物絵画

    画人。寛延二年(1794)、越中東岩瀬生まれ。丸山応挙と並び称された岸派の創始者。福光宇佐八幡宮の拝殿正面に掲げられた「猛虎の図」は岸駒の作で、岸駒の最も円熟した時期の作品である。

  • 東東寅

    福光人物絵画

    画人。東寅は、天保十年(1839)に没した有名な法眼、東東洋の子である。父の東洋は狩野家で育ったが、のちに狩野家を去り、丸山応挙や池大雅に学んだ。東寅も四条派に優れていた。『西涯翁夜話』によると...

  • 浦上春琴

    福光人物絵画

    画人。文人画の大家、浦上玉堂の子。天保四年(1833)五十五歳のとき、福光村の諸家に滞在した。越中出身の門人稲垣碧峰を伴って北遊した折りのことであった。写生的な山水花鳥を描いた。

    ...

この記事は市民の方からいただいた情報を元に掲載しています。
万が一、記事に間違いなどがございましたら該当記事下部の「修正フォーム」よりご連絡ください。
また、掲載されていない情報の投稿もお待ちしております。
南砺市民全員でこのNANTO Wiki を盛り上げていきましょう!

ページトップ